研究(Research)

  • 『若手看護師がバーンアウトすることなく就業継続意思を強めるための新プロセスモデル』(平成26-29年度科学研究費助成事業基盤研究B)研究プロジェクトをスタートさせました。
    Our research project: Intention of retention with no burnout among young nurses; Development of a new process model to facilitate sponsored by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Grants-in Aid for Scientific Research 2014-2017 has started.

研究成果の発表

  • 北岡和代・大西香代子:日本の精神科看護師のバーンアウト状態;医師、会社員、フィンランドの精神科看護師との比較、第24回日本精神保健看護学会、横浜、2014.6.22.
  • Kitaoka K, Masuda S, Sasaki M, Peltokorpi V, Ohnishi K, Nakahara J, Stone T, Yoshiike T, Nagata K: Burnout in Japanese mental health nurses, 20th International Network for Psychiatric Nursing Research Conference, Coventry UK, 2014.9.18.
  • 北岡和代:メンタルヘルス不調を引き起こす仕事とのミスマッチ、予防するためのセルフケア、第24回日本産業衛生学会産業医・産業看護全国協議会、金沢、2014.9.27.(シンポジウム)
  • Kitaoka K: Burnout in Japanese mental health nurses, International Scientific Conference of the 35th Foundation and Development Anniversary of Haiphong University of Medicine and Pharmacy, Hai Phong Vietnam, 2014.11.14.(シンポジウム)
  • Kitaoka K, Masuda S: Prevalence of burnout based on the Maslach Burnout Inventory-General Survey; Comparison of nurses, physicians and employees, The 34th Academic Conference of Japan Academy of Nursing Science, Nagoya JPN, 2014.11.29.
  • 北岡和代:バーンアウトと職場復帰、日本産業衛生学会第56回産業精神衛生研究会、2015. 2.7.(特別講演)
  • 増田真也・坂上貴之・北岡和代・佐々木恵:回答指示の非遵守と反応バイアス、同一回答傾向の関連、日本行動計量学会第43回大会、東京、2015.9.1.